季節の変わり目の肌悩み。

夏の間は、汗も出るし皮脂が気になるので、

角質ケアをしっかりして、以前にブログでもお伝えしたパックをしっかりしてました。

たまに、マスクによる被害で、口回りに吹き出物が出たりしましたが、

概ね良い感じで肌を維持していました。

が、9月に入った頃から「かゆみ」が出てきまして・・・。

元々、秋にも花粉症はあるのですが、どうもその「かゆみ」とは違う。

あまりに続く「かゆみ」に悩みながらも、普段通りのスキンケアを続けていました。

9月末に、お世話になっていたセラピストさんが、お辞めになるという事で、

しばらくぶりにフェイシャルをお願いしたら、しっかり肌が潤って、肌がかゆくならない!

早い話が、乾燥でした。。。(泣)

こんな事でいいのか。

そこで、初心に帰ってスンダリ エッセンシャルオイルを使う事に・・・。

3種類あるオイル。アーユルヴェーティックなスンダリは、ヴァータ・ピッタ・カパの3つの肌質分類から、

自分に合ったスキンケアを選びます。

私は、昔は混合のピッタ肌だったのですが、30代の間スンダリを使っていたので、

肌質も良くなり、混合肌から脂性肌へと変わりました。

脂性肌というと良くないイメージですが、自ら潤える肌になったんです。

でも、さすがに年齢を重ねると真冬は乾燥系スキンケアをしていないと、厳しい状態に。

そこで、カパ~ヴァータのスキンケアをシーズンで使い分けています。

 

さて、この「かゆみ」。

私のクセである、過度な角質ケアが原因のようでした。

角質ケアが好きなのが、私の一番悪い点。

やりすぎると、くすんでしまいますし、角質が薄くなりすぎていい事がありません。

でも、しっかりケアをすれば良い話なのですが、私は面倒くさがりな所もダメな点。

 

カパオイルは、脂性特有の肌トラブルを優しくケアしてくれるオイルです。

脂のつまりや、くすみを防いで肌の艶を出してくれるオイルです。

1・2日毎朝・毎晩使い続けたら、「かゆみ」は一切なくなりました。

脂性肌の私がオイルを顔につけられるほど、スンダリのオイルは精製度が高く、

肌へのなじみがバツグンに良いのです。

ローズマリーの良い香りのオイルです。<スンダリ エッセンシャルオイル カパ

私の手で申し訳ないですが・・・。

1滴つけたら、すぐに広がる感じ、お分かり頂けますでしょうか?

この小瓶から2~3滴を付けるだけでOK。

肌にたっぷりマッサージをつるように付けるのではなく、オイルをうすーくうすーく伸ばすだけ、

後は、オイルが勝手に浸透していきます。

どんどん肌の奥まで。

この1本で、まじめに朝晩使っても1か月以上持ちます。

肌にツヤと潤いが戻ってきました。

この調子でいくと、11月中旬にはヴァータオイルに切り替えられそうです。

どんなに浮気しても、私はスンダリに戻ります。

簡単なステップで、良い肌に戻れるのがスンダリ。

これからの季節に、オイル美容を始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA